行動指針

代表取締役・髙木栄児より、
「人」との信頼関係を最重要視する
オーシャン・コンサルティングの「3つの行動指針」をお伝えいたします。

PMOのプロフェッショナルカンパニーとして、クライアント企業のプロジェクトを成功に導くことが、当社のミッションです。
そのためには、プロジェクトに関わるすべてのステークホルダー、すなわち「人」との信頼関係を築くことが欠かせません。
そこで当社では以下の3つの行動指針を掲げ、これらの行動指針に則り、一丸となって日々の業務に向き合っています。

name

name

1.現場目線を持つ「現場力」
クライアント企業のプロジェクトの現場に興味関心、そして当事者意識を持つこと。
そして、現場の「人」たちと同じ目線で、一体感をもって一緒に仕事をします。
2.手を動かす「実行力」
手を動かすことによって様々なアイデアや発想が生まれる。
そのことを、私たちは経験的に理解しています。
ですので私たちは、現場の「人」たちと一体感をもって仕事をするために、口先だけの評論家にならず、手を動かします。
3.責任感を持って真摯に取り組む
「誠実さ」

当事者意識があればおのずと責任感が生まれます。
責任感をもって真摯に取り組むとともに、適切なプロジェクト管理が行われるために正確な情報をタイムリーに報告します。

現場力・実行力・誠実さを兼ね備えた当社のPMOコンサルタントが、
プロジェクトの成功を収めるその日まで伴走し、
支援することをお約束いたします。

PAGE TOP