わが社の強み

設立以来10年という時間をかけ、
わたしたちは事業をPMOに絞り込んできたオーシャン・コンサルティング。
その強みは大きく3つ挙げられます。

PMO事業に特化し、あらゆる規模のプロジェクトに対応

2008年の設立以来、クライアント企業に対して開発ノウハウの提供にとどまらずプロジェクト全体の管理も手がけてきました。
2016年には将来のホールディングス化を目指してSDアドバイザーズと企業グループを構築し、PMO事業への特化を加速。
現在では大規模プロジェクトだけではなく、小規模プロジェクトまで含めた実績を増やしています。
そしてPMO事業への特化は、以下の2点とも連動しているのです。

大手企業を中心とした豊富なPMO実績

オーシャン・コンサルティングは、東証一部上場企業を中心とした大手事業会社や大手SI企業などとの取引を行っています。
クライアント企業の依頼は、すべて最上流からのプロジェクト管理です。設立当初は幅広い案件・幅広いフェーズに対応していたため、社内にノウハウが蓄積されない状態が続きました。
しかし、PMO事業への特化を決断したことが、大手企業からの信頼につながり、現在ではクライアント企業・グループ内を横断でとりまとめる重要なポジションを任されるようになりました。
実績がさらなる依頼を呼び込む。その中からPMOコンサルタントが自身の成長に合わせたプロジェクトに参画できる――そんなグッド・スパイラルが形成されています。
詳しくは実績をご覧ください。

社内教育システム「オーシャン・アカデミー」構築

社員一人ひとりの成長をサポートする「オーシャン・アカデミー」を構築。基礎編・応用編に分けて様々な教育コンテンツを用意し、社員が学びたいことを学べる環境を整えました。
また、PMO事業に特化していることで、教育コンテンツもある程度絞ることに成功しました。
あらゆるフェーズの教育を薄く広く行うのではなく、最上流で活躍するために必要な知識・スキルを集中的に教えていますので、受講する側も効率的に学ぶことができます。

PAGE TOP