CASE

PMOのプロフェッショナル・カンパニーである
オーシャン・コンサルティング。
クライアントの多岐にわたるニーズに応えてきた実績の一部を紹介しながら、
その実力をお伝えします。

オーシャン・コンサルティングは、PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)のプロフェッショナル・カンパニーです。
2008年の設立後、着実にPMO案件の実績を増やし、クライアント企業の信頼を獲得してきました。
2016年には将来のホールディングス化を目指して、FX・証券システム開発を専門とするSDアドバイザーズと企業グループを構築。
PMO事業に本格的に乗り出し、上場企業をはじめとする大手クライアント企業の期待に応えています。
以下にPMO事業の実績の一部を紹介します。

事例①:金融クラウドサービス企業のITシステム運用改善

プロジェクト
ITシステム運用のアセスメントと改善の実施
関わり方
運用上の課題解決策の立案から、改善プロジェクトの実行計画の策定、プロジェクト完了前の発生トラブル数の削減等。

事例②:国内大手サービス企業のシステム運用業務改善

プロジェクト
メール誤配信防止を目的としたプロジェクト
関わり方
メールを受信するユーザーの信頼維持に向け、上記のプロジェクトが発足。
多くのグループ事業会社が関連する中、仕様・要件の調整、システム開発、リリース後の運用整備までをプロジェクト管理を支援。

事例③:国内大手教育企業のIT事業部業務改善

プロジェクト
IT事業部業務プロセスアセスメントと改善
関わり方
グループ会社の全IT業務のアセスメントを実施し、簡素化、ユーザビリティ向上のためのツール提案ならびに実行案を提言。
20社近いグループ会社関係者と粘り強く調整を行い、IT管理部門統一に貢献。

事例④:国内大手IT企業のP2V対応

プロジェクト
物理サーバから仮想サーバへの移行
関わり方
クライアント企業がインフラ機器の販売・導入サービスをメインとすることから、社内のP2V対応がそのまま事例となるようにするため、事業部と実施方法を入念に検討。
プロジェクト完了後は事例集とすることができ、サービス構築に貢献。

このようにPMOに特化したプロフェッショナル・カンパニーとして、
クライアントのニーズに幅広く対応しています。

PAGE TOP